男性看護師が整形外科での勤務に向いている理由

現在、男性看護師が多く在籍している診療科の1つに、整形外科があります。
女性の看護師も活躍している職場ではありますが、男女の比率としては、
男性看護師が多い職場だといっても過言ではないでしょう。

それでは、男性看護師が整形外科での勤務に向いている理由について、
もう少々詳しくご紹介していくことにします。そもそも整形外科は、手術が
多い診療科であり、病院によっては緊急の手術が頻繁に入ってくるケースも
珍しくありません。

そのため、整形外科で働く看護師は、体力がなければ働けないという側面が
あるといえます。また、怪我の状況によっては、自分で動くことができない
患者さんがいますので、介助するためにある程度の腕力も必要となるでしょう。

もちろん、女性の看護師でも対応できるとはいえますが、男性看護師の腕力が
必要となる場面が多々あるのが現状のようです。尚、整形外科は、痴呆症を
患った高齢者が入院してくるケースもあります。

この場合、夜中に徘徊したり、転倒による骨折を防がなくてはならないため、
体力だけではなく注意力や忍耐力なども求められるといえるでしょう。

ちなみに、どちらかというと、大変なのは手術後です。特に高齢者が手術を
受けた後は、転倒したり、せん妄で暴れ出すケースがあるため、精神面の
ケアなどが必要となることは、決して珍しい話ではありません。

それだけではなく、退院後にそのまま介護施設へ入所する場合もあるため、
施設探しや退院後の生活の調整に、看護師が協力することもあるでしょう。

以上の理由から、整形外科では、女性の看護師よりも男性看護師の方が適して
いる業務が多く、男性看護師が活躍しやすい職場であることが分かります。

また、これまでお話してきた通り、基本的には体力や腕力が必要となる
診療科であるため、今後も男性看護師が活躍しやすい職場として、
注目されるといっても良いでしょう。

近年は、様々な診療科で男性看護師が活躍するようになりましたが、
今後も整形外科で男性看護師が重宝されることに違いはないと言えます。

ページの先頭へ