ブランクがあっても訪問看護師はできる?

訪問看護師という仕事は、医療の現場から離れてブランクのある看護師さん
でも働くことが可能です。

ただし、復帰早々、ある程度の仕事をこなさなければなりませんが、訪問看護の
場合そこまで難しい医療処置は行いません。ですから、数年間程度のブランクで
あれば、問題なく働くことができるといえます。

そもそも、訪問看護にて医療処置を受ける高齢者は、軽度の治療を必要とする
ケースが多く、重篤な症状ではないといわれています。そのため、高度な技術が
必要となる専門的な治療をしないけれども、定期的に通院することが困難な
高齢者が利用しているといえるでしょう。

時には、ある程度の看護技術が要求されることはありますが、働き始めてすぐに、
高度な処置が必要となる現場へ、看護師として派遣されるかといえば、それは
ほとんどないといえます。

また、看護師として現場で働くといっても、看護関連の仕事だけをこなすわけ
ではありません。介護に関する仕事も、一緒にこなしていかなければならない
のが現状です。

例えば、排泄や入浴の介助などは、つい介護士の仕事だと考えてしまいがち
ですが、看護師も行わなければならない仕事のひとつです。

このように、訪問看護師の仕事は、これから益々加速していく高齢化社会に
とって、なくてはならない仕事だといえますが、近年は一部の地域や医療機関で、
慢性的に看護師が不足しているといわれています。

それは、訪問看護師の業界でも同様で、サービスを利用する高齢者の人数は多い
ものの、看護師の数が足りていません。ですから、数年のブランクがあったと
しても、介護事業所としては医療現場で働いたことがある看護師さんが、
一人でも多く欲しいわけです。

そのため、訪問看護師の仕事は、再就職しやすい職場だと言えるでしょう。
もしも、訪問看護師の仕事には興味があるものの、ブランクがどうしても気に
なってしまうということであれば、研修制度が充実している介護事業所で働いて
みることをおすすめします。

研修やフォロー体制がしっかりとしていれば、ブランクがあっても安心して働く
ことができますし、早く仕事に慣れることができます。

ページの先頭へ